社長メッセージ

「自律型人材」こそが当社グループの発展の鍵を握る

太陽ホールディングスグループは、昭和28年に印刷インキと関連資材製品の製造販売会社として創業しました。そして、昭和51年にソルダーレジストを主力製品とする事業へと大転換する決断をしました。以来、当社のソルダーレジストは全世界でトップシェアを誇る製品に成長し、安定した経営基盤を築くことができています。

業界のリーディングカンパニーとして現在まで歩むことができたのは、ソルダーレジストの需要が未知数だった頃から、研究開発・製品化を進めてきた先見性にあります。それから40年ほどの時を経た今、エレクトロニクス分野をとりまく環境は日々変化しています。これからもグローバルな競争の先端を走り続けるため、自ら変化を生み出し、ソルダーレジストの世界をリードし、それに続く新製品の開発、事業化に取り組んでいます。

現在、当社はエレクトロニクス事業で生み出した利益を活用し、化学をベースに医療・医薬品、食糧、エネルギー、ITへと事業の幅を拡げ「総合化学企業」を目指しています。医療・医薬品事業では、エレクトロニクス事業に次ぐ第二の柱を目指し、長期収載品の製造販売と、医療用医薬品の製造受託を行っています。食糧、エネルギー事業では、食糧危機への備えとして施設農業や飼料用昆虫などの食糧開発や、環境負荷低減のため水上太陽光発電所を設置し再生可能エネルギーを生産しています。また、IT事業にも参入し、ITシステムの刷新、及び新システム構築のスピード向上を目指しています。今後も、当社の強みである化学の知見を活かし「総合化学企業」に向け、事業展開を加速させていきます。

そのために、当社グループにとって必要不可欠なのは、自ら考え行動する「自律型人材」、すなわち指示や命令が無くとも自ら目標を設定し、その達成のためのプロセスを楽しむことができる人材です。「自律型人材」こそが、当社グループの将来の発展の鍵を握る、大切な資産だと考えています。そのため、実力とやる気さえあれば入社年次を問わず責任ある仕事を任せています。そして、自律志向の強い人が高いモチベーションを保って働けるよう、職場環境を整備し、評価・給与を公正なものとすることに注力しています。

世の中に貢献したい、自分の意見と力で社会を変えていきたい、心からそう願うあなたのエントリーをお待ちしています。

代表取締役社長 佐藤 英志