HOME > 投資家情報 > 業績の概況

業績の概況

  • 当第1四半期連結累計期間の売上高は14,852百万円(前年同期比19.5%増)、営業利益は2,696百万円(前年同期比0.7%減)、経常利益は2,675百万円(前年同期比0.3%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,869百万円(前年同期比1.3%増)となりました。

    セグメントごとの経営成績は次のとおりです。

    ■電子機器用部材事業
    リジット基板用部材は車載関連部材の需要が堅調に推移しました。また、半導体パッケージ基板用部材はメモリー関連部材の需要が好調に推移しました。一方、前年同期に比べ為替が円高に推移した影響を受けました。この結果、売上高は12,633百万円(前年同期比4.8%増)、セグメント利益は2,951百万円(前年同期比1.2%増)となりました。

    ■医療・医薬品事業
    2017年8月に設立した太陽ファルマ株式会社が長期収載品13製品の製造販売承認及び製造販売権等を譲り受け、2018年1月から本格的に医療・医薬品事業を開始しました。当第1四半期連結累計期間において、4製品の製造販売承認等の移管手続きを完了しました。この結果、売上高は1,579百万円、セグメント利益は68百万円となりました。

(単位:百万円)

項目 前第1四半期
当第1四半期
増減額 増減率
売上高 12,425 14,852 +2,427 +19.5%
営業利益 2,714 2,696 -18 -0.7%
経常利益 2,683 2,675 -8 -0.3%
親会社株主に帰属する
四半期純利益
1,844 1,869 +25 +1.3%