HOME > ニュースリリース > 2018 > リオ五輪メダリスト バドミントン奥原希望選手と所属契約を締結

ニュースリリース

リオ五輪メダリスト バドミントン奥原希望選手と所属契約を締結

お知らせ2018/12/27

 太陽ホールディングス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 英志、証券コード:4626)は、2019年1月からプロとして活動するバドミントン奥原希望選手と所属契約を締結しました。契約期間は2019年1月1日から2年間で、契約期間中、奥原希望選手は太陽ホールディングス所属選手として活動するとともに、当社が行う広告宣伝やイベントに協力します。

 太陽ホールディングスは、化学メーカーとして『我がグループの「あらゆる技術」を高め、革新的な製品をもって、夢あるさまざまなものをグローバルに生み出し、楽しい社会を実現します。』という経営理念のもと、世の中の為になるものを生み出し続けることに努めてきました。また、地域スポーツ大会への参加・協賛、地域スポーツ団体や若手アスリートの支援など、スポーツを通した社会貢献、地域貢献活動により「楽しい社会の実現」に取り組んでいます。
 奥原希望選手は、2016年リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得し、2017年世界選手権で日本人で初めて女子シングルスで優勝するなど、小さな体ながら世界を舞台に実績を残してきました。アスリートとして高い志で勝負に挑み続け、今回、プロとして新たな挑戦を始める姿は、日本の零細企業から出発して、電子材料「ソルダーレジスト」で世界シェアトップを獲得し、現在は総合化学企業への歩みを進めている当社と重なるものがあると考え、今回の契約に至りました。
 太陽ホールディングスは、奥原希望選手の挑戦をサポートするとともに、今後も楽しい社会の実現に貢献してまいります。

奥原希望選手 コメント
 この度、このようなかたちでのバドミントン界第一号のプロ、新たなスポンサーの看板を背負うことに対して大きな責任と使命を感じておりますが、私がやるべきことは今までと何も変わりません。ただただ、自分の目標に向かって全てを捧げることです。オリンピックレースがもうそろそろ始まります。本格的な東京五輪モードに向けて、プロ化に至った経緯である、より自分に合った環境を作ることによってパフォーマンスを上げていきたいと思います。

奥原希望選手 プロフィール

奥原選手写真

BWF世界ランキング:2位(2018年12月20日時点)
生年月日:1995年3月13日
出身地:長野県大町市
出身校:埼玉県立大宮東高校卒業
身  長:156.3cm
主な戦績:
 2012年10月 世界ジュニア選手権大会 優勝(日本人初)
 2015年12月  スーパーシリーズファイナル 優勝(日本女子シングルス初)
 2016年3月    第106回全英オープン 優勝(日本勢39年ぶり)
 2016年8月    リオデジャネイロオリンピック 銅メダル
 2017年8月    第23回世界選手権 女子シングルス 優勝(日本人初)
 2018年12月  BWFワールドツアーファイナルズ 準優勝