HOME > 企業情報 > 太陽グループについて

太陽グループについて

ソルダーレジストのリーディングカンパニー

ソルダーレジスト(SR)の世界ナンバー1メーカー

携帯電話やパソコンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電子機器などあらゆるエレクトロニクス製品に利用されるプリント配線板(PWB)。当社グループは、そのPWBに欠かせないSRで世界シェアトップクラスを誇っています。

  • プリント配線板に塗布されたSR

  • 当社製品 ソルダーレジスト

  • 液状SR

  • ドライフィルムSR

ソルダーレジスト(SR)とは

太陽グループの技術

太陽グループが培ってきた技術

配合技術
「配合(フォーミュレーション)技術」とは、製品に要求される様々な特性・性能を実現するために、無数にある原材料(合成樹脂、充填材等)候補の中から、的確に、効率的に、かつ迅速に最適な原材料の組合わせを開発することです。
分散技術
「分散(ディスパーション)技術」とは、配合処方(フォーミュレーション)に従って配合された原材料を、細かく均一に混合することです。今日では、年々進展する電子機器のダウンサイジングに伴い、製品の高精細性も重要な要求特性となっています。

太陽グループが有する主な要素技術

太陽グループは、フォトリソグラフィ技術、絶縁技術を活用し、プリント配線板(PWB)用部材、特にSRに事業基盤を築きました。また、フォトリソグラフィ技術を使い、導電技術を応用し、フラットパネル・ディスプレイ(FPD)用部材の展開も行っています。
今後も、接着技術、熱伝導技術など更に要素技術を拡大し、電子部品分野や光学部品分野などの新たな製品分野を開拓してまいります。

グローバル展開

全世界のマーケットを相手に

プリント配線板(PWB)は世界中で生産されています。近年ではアジア、特に中国のPWB市場の急成長など業界地図は常に変化しています。太陽グループは世界中のPWBメーカーと取引しており、このようなグローバルな環境変化に対応し、常に優れた製品の供給とサービスを提供することが不可欠と考えています。

グローバルネットワーク

このような中、太陽グループは、世界各国の市場に対し最適地生産と最適チャネルでの販売を目指しています。日本、中国、台湾、韓国、米国に生産・販売拠点を設け、香港、シンガポール、タイに販売・技術サービス拠点を整備し、世界をカバーするネットワーク体制を構築しています。

国内・海外拠点

海外売上比率 約80%

現在では、太陽グループの海外売上比率は約80%に達しています。世界の電子機器への需要は今後も中長期的に拡大していくものと見込まれます。当社グループは国際企業として事業展開を推進し、旺盛な世界需要の拡大を取り込んでまいります。